遺品整理の流れ

ご相談、お見積り、ご契約

1.ご相談、お問い合わせ

ご相談、お問い合わせお電話またはホームページのお見積りフォームお問い合わせフォームからご相談ください。遠方にお住まいの方、不動産会社、大家さん、行政の方もお気軽にお問い合わせください。

ゴミ屋敷状態になっていたり悪臭に困っている方も、事件現場、事故現場など緊急性を要する特殊清掃作業現場にもアイコムはどのような作業現場でも対応可能です。

2.現地でお見積り

現地でお見積りアイコムのお見積りに伺うスタッフは豊富な遺品整理、特殊清掃作業現場で経験を積んでおります。ご家族でも故人の方がどこに何をしまっているかはわからないものです。アイコムのスタッフは豊富な経験から貴重な品、価値ある品を見逃しません。

お見積りの際にも買い取れる品が見つかれば、その場でしっかり査定し可能な限り買取り、買い取り金額は作業費から差し引かせていただきます。

3.ご契約

ご契約遺品整理作業の日程、作業内容、不用品の処分方法、買取可能な品のリスト、お見積金額などご納得いただいたうえでご契約となります。お客様のご都合により作業が増えた場合を除き、このお見積金額より高い請求をさせていただくことはありません。

遺品整理作業中に買取可能な品が見つかった場合はしっかり査定し作業料金から差し引かせていただきます。

遺品整理作業当日

4.遺品整理作業前のミーティング

遺品整理作業前のミーティングご依頼者様のご要望、作業の内容、作業人員の振り分け、各ポジションでの確認事項など当日の作業スタッフ全員が作業内容について確認を行います。

しっかりとミーティングを行うことで作業の無駄をなくしミスや事故の発生を防ぐことができます。

5.遺品整理作業現場の養生、近隣へのあいさつ

遺品整理作業現場の養生遺品整理作業を行う前に近隣の住民の方へ迷惑が掛からないよう配慮します。また、共同住宅の場合は共有部分に傷をつけたりしないよう搬出経路に養生作業を行います。

必要に応じてご近所の方への「作業中ご不便をおかけするかもしれない」旨のご挨拶をさせていただきます。

6.遺品の分別、仕分け、貴重品の捜索

遺品の分別、仕分けスタッフがそれぞれのポジションで責任をもって遺品を整理していきます。遺品の品を一つ一つ手に取り目視でその品を確認し10品目以上に分別します。書類棚や封筒、ファイル等の中も一つ一つ確認するため貴重品、重要書類、権利書、保険証書など見逃すことはありません。

不要な品もリサイクル可能なものはしっかり分類します。資源として活用できるものもしっかり分別を行い、廃棄物の量をとことん減らします。廃棄物の量を減らすことは故人の方の遺品が今後も社会の中で活用されていくことを意味し、廃棄物処理費の削減により結果として遺品整理の料金も抑えることが出来ます。

7.買取品の査定

買取品の査定アイコムの遺品整理はリサイクル可能な品の買取りに力を入れています。個人が残された様々な品で不要な品を廃棄物として処理してしまうのは簡単です。しかし、ご遺族様にとって不要な品も一つ一つ確認をしていくと価値のある品もあるものです。

比較的年式の新しい家電製品やデジタル機器はもちろん、ブランド品、宝飾品、コレクションなど買取可能な品はしっかり査定し買い取らせていただきます。

買取金額は遺品整理作業費と清算させていただきます。遺品整理作業中にお見積り時には気づかなかった価値のある品が見つかった場合、お見積り料金よりも大幅に値下げすることが出来る場合もあります。

8.搬出、室内の清掃

室内の清掃分類した遺品をそれぞれの搬送先に応じて搬出します。搬出作業の際は近隣の交通の迷惑にならないよう配慮しながら行います。遺品の搬出が終わったお部屋は弊社スタッフが清掃します。

基本清掃作業の内容は「各部屋、玄関、ベランダなどの掃き掃除」「掃除機かけ、拭き掃除」「風呂、トイレ、キッチンなどの水回りの清掃」清掃作業はおおむね1~2時間程度でできる範囲となります。

※賃貸物件などで消臭作業を含む清掃が必要な場合、特殊清掃作業の対応も可能です。お気軽にご相談ください。

9.遺品整理作業完了確認、ご精算

ご精算遺品整理作業完了後、室内をお客様にご確認いただき、よろしければ作業完了となります。

その後作業料金をお支払いいただき遺品整理作業完了となります。

遺品整理作業後

10.遺品、形見の品の配送

遺品、形見の品の配送整理した遺品の中から形見として遠方への配送を希望される方はご相談ください。配送料は別途必要となりますが、ご希望のお届け先に配送の手配を行います。

11.リサイクル、リユース、不用品の処分

リサイクル、リユース、不用品の処分ご遺族様が不要な遺品は買取可能な品はアイコムで買い取らせていただきリサイクル品として再活用されます。買取不可能な品も社会貢献活動の一環としてユニセフ、善意銀行、海外への寄付に活用させていただいています。

その他の不用品はその自治体の廃棄物の処理方法に応じて適切に処理させていただきます。遺品の再利用を可能な限り行うことにより資源の循環に貢献できるとともにご遺族様の遺品に対する想いにも応えることが出来ると考えています。

12.合同供養

合同供養遺品を不要だからと言ってそのまま処分するのは忍びないものです。アイコムではそんな遺品を合同供養させていただいています。

フリーダイヤル0120-500-797
メールでお見積り依頼はこちら
遺品整理アイコム
このページのトップへ